ホーム > 巻き爪の手術

巻き爪

巻き爪、陥入爪とは

爪のトラブルで悩んでいる方は大勢いらっしゃいます。

その中でも陥入爪と巻き爪は代表的なものといえるでしょう。
陥入爪は爪の角がトゲのようになって皮膚やその下の肉の部分に刺さって炎症を起こした状態で、巻き爪は爪が巻いている状態を呼びます。

陥入爪の方は巻き爪になっていることが多く見られます。
爪の角を切ると一時的に症状が軽くなりますが、再度爪が伸びてきた際に、さらに重度の陥入爪になり、症状が重くなると、痛みで歩行が困難になる場合もあります。
 

巻き爪、陥入爪の治療について

爪とその下にある爪母と爪床を形成する根治手術を行う

陥入爪の皮膚にくい込んでいる爪部分を切除します。

その後に再生した爪が再度陥入した爪とならないように、爪母という爪をつくる部分をフェノール(石灰酸)で化学焼却します。
メスで皮膚を切ったり、縫合したりしないので、手術後の疼痛が非常に少なく、翌日からシャワーを使うことも可能です。

「超弾性ワイヤー矯正」でも繰り返し再発する方や、炎症や感染で腫脹が強い方、1回で完全に治療したい方に適しており、陥入爪の根本的な治療法です。
症状には個人差がございます。
まずは当医院へご相談下さいませ。

※この方法は健康保険適応となります。

よくあるご質問と回答

巻き爪ですがほとんど痛くありません。それでも治療は必要ですか?
巻き爪による痛みは歩いたときに爪の縁が軟部組織(皮膚や肉)に刺さるからです。
巻き爪でも爪を伸ばして、爪の角が 軟部組織の外に出ていれば、痛みは強くはありません。

また日常の生活では痛くなくとも、旅行に行って長く歩いたりテニス、スノボ、スキー等をすると痛くなる方もいらっしゃいます。
自分の状況に合わせて治療を受け、爪矯正は痛くありませんから軽いうちに治すことをおすすめいたします。
健康保険は使えますか?
各種健康保険対応しています。
治療中、日常生活に支障はありますか?
術後は、痛みはほとんどない為通常の生活は支障がなく送れます。


大きな地図で見る
■住所
〒116-0003
東京都荒川区南千住4-7-1
BiVi南千住1F

■最寄駅
南千住(JR常磐線(上野〜取手)) 145m
南千住(東京メトロ日比谷線) 203m
南千住(つくばエクスプレス) 318m

■診療時間
午前:月火水金 9:00〜12:00
木土:9:00〜13:00
午後:月火水金 15:00〜19:00

詳しくはこちら